元カレは運命の人じゃない?!勘違いしてしまいがちな理由

元彼と別れたことを後悔し、いつまでも彼のことを忘れられない、という経験をしたことがある、またはしている最中だという人は決して少なくないでしょう。

まだこんなに好きだということは、元彼は運命の人だったんじゃないかとも思えてきますよね。

しかし、実は元彼が運命の人ではないケースというのも多いもの。

その理由について、今回の記事では紹介していきたいと思います。

元彼が運命の人ではないケースが多い理由

さっそくですが、本当は元彼は運命の人ではないのに、運命の相手なのではないかと勘違いしてしまいやすい理由について見ていきましょう。

今置かれている辛い状況から現実逃避しているだけ

元彼と別れたことで辛く寂しい気持ちを抱え、後悔している。別の人と付き合い始めたけれどなんだかしっくり来ず、元彼の方が良かったと感じている。

このように、今辛い状況に置かれている結果、元彼との日々という楽しかった思い出へと現実逃避をしてしまうことは往々にしてあることです。

もしも元彼が運命の相手であったとしたら、なぜ彼との別れを選んだのか、もう一度よく考えてみましょう。


思い出を美化している

人は生まれてから死ぬまでのすべての記憶を持っていることはできません。だからこそ、都合の悪いことを忘れてしまうことも少なくないのです。

今あなたは、元彼をいつまでも忘れられず、あんなにいい人にはきっともう出会えない、と感じているかもしれませんね。

しかしそれはあなたの記憶から元彼の嫌な部分や2人の間に起きた辛い出来事などが削ぎ落とされ、美しい思い出だけが残っているからなのかもしれません。

頭の中で本来の元彼とかけ離れた、あなたにとって都合のいい、元彼の顔をした理想の男性を作り上げていませんか?

そんなことはない、と本人は思っていても、周りの友人たちに改めて聞いてみると、あなたが別れを選んだ本来の元彼の姿を思い出せるかもしれませんよ。

選択しなかった方の可能性に対して未練があるから

人生とは常に取捨選択の連続です。

恋人と別れるか否か、別れるとしたら違う人と付き合うか。それも選択という行為ですよね。

そして、複数の選択肢があったとしても、人は大体ひとつしか選ぶことができません。

だからこそ、選ばなかった方の選択肢をもし取っていたらどうなっただろうかと、未練と共に考えてしまうのです。

今回の場合は、もし元彼と別れなかったら。あのままお付き合いしていれば今頃結婚していたかも。そんな風に考えを巡らせていることでしょう。

しかし、別れを選んだということは、付き合い続けていたらダメになるとどこかで考えたからではないでしょうか?喧嘩が絶えず、修羅場を迎えていたかもしれませんよ。

元彼が運命の人だったのかもしれないと感じるのは、あなたが背を向けた「付き合い続ける」という選択肢に対する未練である可能性も高いのです。

別れることが運命だった

人は生きていく中でさまざまな人と出会います。そして、その相手とどのように関係を結び、恋愛に限らず付き合っていく中でどんな学びを得るのか、ということはあらかじめ運命によって定められています。

実は「運命の人」というのは必ずしも1人だけと決まっているわけではありません。

結婚まで辿り着く相手もいれば、あなたに恋愛の良い面も悪い面も経験させるべく、別れることを前提に惹き合う縁もまた、運命の相手といえるのです。

また運命の人とは、たとえ一生を共にする縁が2人の間にあったとしても、ひとりにならないと培えない経験を得るために一度は別々の道をいく、ということも起こります。

その場合、離れた期間がどんなに長くても、あなたにとって必要な学びを得られ、人として成長した時に、再び彼と出会って復縁はずです。

音信不通状態の元彼でも、運命ならばまた出会えるはずだと気楽に構え、自分磨きに徹すると良いでしょう。

まとめ

漫画やドラマの世界と違い、運命の人というのはそうそう都合よく現れるものではありません。

うまくいかない部分があったからこそ別れたはずの元彼に運命を見出そうとするのは、辛い現実から逃げたいからではありませんか?

そのために、あなたの中に、元彼の顔をした理想通りの男性という美化された思い出を作り上げてしまっていませんか?

そうではない、と断言できる人は、改めて元彼が運命の人か否か診断してみましょう。

どうすればチェックできるかは以下の記事に詳しく書かれていますので、ぜひ参考にしてみてください。

別れた元彼は運命の人なのか | 7つの特徴で診断【忘れられない人へ】

本当に元彼が一生を共にする運命の人なら、きっとまた再会できるはずです。

そして、元彼が運命の人ではなかったのだとしたら、次こそは本物の相手に出会えるかもしれません。

そんな明るい未来のためにも、ぜひ前を向いて歩き始めましょう。

別れても離れられない関係は運命の相手だから?それとも腐れ縁?

喧嘩したりと衝突も多かった。だからこそ別々の道を歩む選択をしたのに、別れてもすぐに復縁してしまう。

離れたいと感じても離れ難い相手に対して、もしかしてこの人が運命の相手なんじゃないかと感じることもあるかと思います。

ですが同時に、彼といてもポジティブな気持ちを持ち続けられずモヤモヤしたり、友人たちから腐れ縁だ、なんて言われてしまうこともあるでしょう。

一緒にいて落ち着くし、何度離れてもその度にまた縁が繋がる相手なら、運命の人なんじゃないか。そう思っているあなたにとっては、腐れ縁と言われると自分でもよくわからなくなってきちゃいますよね。

今回は、腐れ縁と運命の縁との違いや、腐れ縁を断って運命の人に出会うための方法について解説していきたいと思います。

腐れ縁と運命の相手との違いは?

腐れ縁と運命の相手、どちらも結びつきの深い間柄の相手のことを指します。

ですが両者の性質は大きく異なります。

違いを一言で言い表すなら、腐れ縁は互いにとってマイナスの関係性、運命の相手は互いにとってプラスの関係性、といえるでしょう。

腐れ縁とは何度もヨリを戻したり、恋人七日そうではないのかハッキリとしない関係が続いたりと、あなたにとってマイナスなのに簡単に切り離せない縁。

対して、運命の相手の場合は前世から何度も繰り返し出会っている人のことを指します。

お互いの魂の成長のために出会い、切磋琢磨していく間柄なので、他の人との間よりも深いつながりがあるのと同時に、あなたにとってプラスに作用する間柄の相手のことを指すのです。

元彼とは腐れ縁なのか見抜く方法はある?

腐れ縁と運命の相手とはどちらもずっと縁の切れることのない相手ですから、周囲から見ても、彼と一緒にいるあなた自身から見ても、一見すると違いは確かにわかりにくいでしょう。

そこでここからは、元彼があなたにとって腐れ縁なのかを見極める方法を紹介していきたいと思います。

ちょっと離れてはズルズルと関係が続く間柄

運命の人とも別れを経験し復縁することはありますが、その場合、きちんと一度別れの形を取ってある程度の期間1人で過ごすことになります。

運命の相手との別れは、そうしないと得られない経験を経てお互いの魂を成長させる、という前向きなものだからです。

だからこそ必要な学びをそれぞれに得たのち、相互にプラスに作用し合うためにまた結ばれれんですね。

ですが、腐れ縁の相手の場合は上記のようにはいきません。

大喧嘩したと思ったらすぐにヨリを戻す。別れたのち相手に別の恋人ができても浮気相手やセフレといった形で、別れているんだかいないんだか曖昧な関係が復活する。

こんな風に、ケジメのないズルズルとした関係に陥ってしまいがちなのです。

お互いへの依存心が高い

運命の相手の場合、2人の関係性は大事にしつつ、お互いが個として自立することができる間柄です。

もちろん別れた時は寂しい気持ちにはなります。

ですがもともとお互いに家族や友人、仕事など、それぞれに自分の生活・世界を大事にして生きている者同士。

離れて過ごしていても、相手も頑張っているんだから自分も頑張ろう、と自然と思えるのです。

しかし、腐れ縁の相手とは共依存関係に陥ってしまうパターンが多いとされています。

基本的にお互いにひとり立ちすることができず、相手がいないとダメになってしまうのです。

だからこそ、たとえば支配して束縛する男性とそんな彼に付き従う女性であったり、彼に尽くしてばかりの女性とそれに甘えるだけの男性といった、歪なカップルになってしまいやすい。

そして、別れれば寂しさから精神的に不安定になってしまうため、離れてはくっつくダラダラとした関係性が続いてしまうのです。

ネガティブな感情ばかり湧き上がる

もちろんいつでも順風満帆とはいかないのはどんな人との関係性においても一緒です。

しかし運命の相手の場合、離れて過ごしている間も、相手の存在を心の励みに頑張れる、そんな前向きな気持ちでいられることが多いものです。

ひとりでも十分に幸せだけれど、ふたりでいられたらより良いよね、とお互いに思えるのです。

一方、腐れ縁の相手の場合だとそうはいきません。

そもそもが自立とは遠い共依存関係。2人だけの世界と聞くと一見ロマンチックに聞こえるかもしれませんが、相手の、そして自分自身の「個」や生活・世界を尊重していないのです。

だからこそ、一心同体だと思っていた相手がそうではない姿を見せた時の反発も強くなります。

相手を信じることができず嫉妬や束縛をしてしまったり、口論が絶えない。

または相手からの愛情を信じられず、繋ぎ止めようと尽くしすぎたり、自分のことが本当に好きなのか試すような行動をとってしまいがちになります。

このような関係性では、とてもじゃないですがポジティブで前向きな気持ちを抱けないですよね。

互いの足を引っ張りあう

お互いの「個」を尊重し合いながら、2人でいることならではの強みを活かして共に歩んでいくことができるのが運命の人との関係。

反対に、共依存関係にある腐れ縁の2人は、相手が自分から離れていかないように、2人だけの閉じた世界を創ろうとしてしまいがち。

だからこそ、たとえば一緒にいたいからと仕事を休んでしまったり、束縛によって相手が家族や友人と交流することさえ断とうとするような行動に出てしまうことも多いのです。

そんなことを続けていたら、当然ですが日常生活にも支障をきたしますよね。

最後には本当にお互いの存在しか残らない人生になってしまうかもしれません。

そうしてますます互いに依存し合う関係になってしまう、悪循環に陥ってしまうのです。

一緒にいるのがラク

運命の人とも、一緒にいると自然体でいられるという側面があります。

ただ、運命の相手との場合はお互いに刺激し合い、切磋琢磨し合うことができるので、自然体でいながら共に成長していくことができるのです。

対して腐れ縁の人の場合、一緒にいることはラクではありますが、そこに学びや成長はありません。

言うなれば、ダメなままの自分をお互いに隠したり改善したりしたりする必要なく一緒にいられる関係性なのです。

だからこそ、一緒にいてもただ過ぎ去っていくばかりの無意味な時間を過ごしていくだけになるのです。

エネルギーを吸い取られる

運命の人とは共に切磋琢磨し合える仲だとここまで紹介してきましたが、だからこそお互いにプラスのエネルギー与え合うこともできます。

対して腐れ縁の人と一緒にいると喧嘩や束縛で疲弊し、ネガティブな感情が普段からお互いの間にある状態となってしまいます。

常日頃からそのような状態だと、彼と過ごすだけでエネルギーを消耗してしまいます。

仕事などに支障が出ることもしばしばで、それ以外の日常生活に対してもやる気が起きなくなってしまいます。

なのに、束縛などによって家族・友人などと疎遠になってしまっていれば、1日のほとんどが彼と過ごす時間となってしまいますよね。

その結果、お互いにエネルギーを消耗し、どんどん人としてダメになっていくという負の連鎖に陥ってしまうのです。

運命の人ではなくても結婚することはあるのか?

ここまで紹介した内容から、段々と元彼が運命の相手なのか腐れ縁なのか、見えてきたのではないでしょうか。

では、腐れ縁の人と一緒に居続けるのはダメなことなのか?結婚できないのか?というと、必ずしもそうではありません。

人生において縁のある人とは、その相手との出会いまでは決まっていますが、その後どう関係を築いていくのかは自分次第。

最初から何もしなくても結婚することが決まっている人、というのはいないのです。

ですから、あなたの行動や選択によっては、腐れ縁の相手と結婚までいく十分にあり得るのです。

腐れ縁の人も、成長し合う関係にはなれないかもしれませんが、一緒にいてラクで居心地の良い相手ではあります。

絶対に人生の破滅を迎えるというわけでもありませんから、悪くないかもと思えてしまうんですね。

ですが、一緒に居続ければ、本来出会えるはずだった運命の相手とは出会えなくなってしまいます。

運命の人とはお互いに必要な成長を遂げた後に出会うと言われている存在です。

なので腐れ縁の人と過ごす中で歩みを止めてしまったあなたでは、必然的に出会えるチャンスがなくなってしまうからです。

また、人生が破滅に向かうほどの劇的な事件は起こらないかもしれませんが、あまり幸せな結婚生活は望めないかもしれません。

喧嘩や束縛、依存し合いながら、悪い部分は悪いままのお互いと一緒に過ごすことになるのが、腐れ縁という関係。

相手との時間で手一杯で他のことにエネルギーを注げなくなってしまった結果、スキルアップや出世なども望めず、気がつけば離婚したくてもできない状況に陥ってしまうことも起こり得ます。

もし元彼とは腐れ縁なのかもしれないと感じるなら、そうしたデメリットは念頭においた上であらためて自分はどうしたいのか考えた方が良いでしょう。

腐れ縁を絶って運命の人に出会うには?

腐れ縁の人と生涯に渡って寄り添い続けるのもまたひとつの人生ではありますが、出来れば運命の人との明るい未来を手に入れたい。

ここまで読んでそう感じた方は、これから腐れ縁をどうすれば絶つことができるのかを紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

自分を磨き、波動を高める

恋愛関係に限らず、人は自分と近しいレベル・性質の波動を持つ人と引き合う者だと言われています。

波動と言われてピンとこない人は、類は友を呼ぶということわざに置き換えて考えてみてもいいかもしれません。

つまり、今の腐れ縁を断つためには、あなた自身の波動を高めることで、腐れ縁の相手と引き合わないようにしていく、というのがひとつの有効な手段なのです。

人は生き方や環境に変化があると、それに伴って付き合う人も変わってくるもの。

仕事で成果を出したりキャリアアップ・資格取得を目指せば、腐れ縁の彼と会う時間も取れなくなります。

新しい趣味を始めるなど、充実した休日を過ごせれば、腐れ縁の彼に会いたいという気持ちも落ち着いてくるでしょう。

これまで読んで来なかったジャンルの本などに触れればあなたの価値観にも変化が生まれ、腐れ縁の彼と考え方が合わなくなって、一緒にいてラクだと感じなくなるかもしれません。

そうして腐れ縁の彼とは異なるステージに行けば、運命の人と巡り会うチャンスもまた広がってくるのです。

彼との間に物理的に距離を置く

あなた自身の波動を高めるには、これまでの考え方や価値観を変え、時々どうしようもなく腐れ縁の彼と会いたくなってしまう気持ちと向き合う必要が出てきます。

最終的に彼との縁が切れてしまうまで、時間がかかってしまうことでしょう。

なので、短期的に効果を求めるなら、彼との間に物理的に距離を置いてしまうのがオススメです。

彼の連絡先をブロック・消去して、とにかく徹底的に会わないようにする。思い出の写真やモノを捨て、彼のことをなるべく考えないようにする。

少々強引ですが、彼がいる場所から遠く離れた地に引っ越してしまうというのも有効です。

強い意志を持って腐れ縁の彼と離れたら、自ずとあなたの魂レベルも一歩前進するはずです。

人間関係の断捨離

腐れ縁の彼本人との接触を断つのはもちろんですが、共通の友人など、彼につながってしまう縁をも同時に断ち切るとよりあなたの波動を高める効果を感じられます。

というのも、共通の友人たちはやはり彼と引き合う波動の持ち主だからです。

また、共通の友人との関係残してしまうと、腐れ縁の彼と会うことを避けて連絡を絶とうとしても、友人経由で再び繋がりが生まれてしまう危険性もあります。

だからこそ、腐れ縁の彼自身とともに、彼に繋がるすべての縁を断捨離してしまうのが1番なのです。

占い師や霊能者などのプロに縁切りをしてもらう

ここまで紹介してきた通り、腐れ縁を断ち切るためには半端な決意や行動では難しいものです。

自分ひとりでは難しそうだ、と感じる人もいるかもしれませんね。

そんな時は、占い師や霊能者などのプロに腐れ縁の彼との縁切りをお願いするというのもひとつの手です。

たとえば縁切りで有名な神社やお寺に参拝するというのも悪くないですが、プロにお願いすることにはさまざまなメリットがあります。

そもそも本当に彼との縁は腐れ縁と呼ばれるものなのか、第三者の客観的な意見が欲しい。彼とこの先どうなっていくのかを知りたい。彼とのことを視てもらった結果、必要なら波動修正や縁切りを行なってもらい、運命の相手との縁結びをしてもらう。

上記のように、プロならではの知識と経験から、あなたの人生を好転させるためのアドバイスや対策を講じてもらえるのです。

上記のとおり、
腐れ縁を断ち切ることは生半可な行動では難しいです。
だから「鎖縁」なんですけどね。

それなりの覚悟と行動、
痛みがあるからひとは変わるのです。

もし、それは難しい、できないという場合、
占い師さんに相談することで解決できることもあります。

まとめ

今回の記事では、あなたが特別な繋がりを感じているであろう元彼が運命の相手なのか腐れ縁なのかを見極める方法。

そして、腐れ縁だったとしたらどうすればその縁を断ち切り、本来出会えるはずの運命の人との縁を引き寄せることができるのかについて紹介してきました。

あなたにとって幸せな恋愛ができるようになるために、参考になりましたら幸いです。

元彼は運命の人?それとも勘違い?診断基準を紹介!

彼氏とは別れてしまったけれど、別れた気がせずまだつながりを感じる。元彼以上に居心地のいい人に巡り会えない。

特に根拠はないけれど、元彼との間に強い縁を感じ、復縁しそうな予感を抱いていませんか?

そんな元彼はあなたにとって運命の人なのでしょうか?

今回は元彼が運命の人であるかどうか診断する方法と復縁の可能性について解説していきます。

あなたと元彼との間にあるつながりを見極めたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

運命の人だったのなら、なぜ元彼と別れてしまったのか

もし元彼が運命の人なのだとしたら、なぜ離れ離れになる必要があるのか理解に苦しむ、と感じる人も多いでしょう。

ですが、結論から言うと運命の人だからこそ、実は一旦別れを経験することが多いのです。

私たちはさまざまな人と出会い、時には恋愛をし、そのほかにも沢山の経験をしていく中で人間として成長していくものです。

それは言い換えれば、まだ若く未熟なうちは人として完成されていくための知識や経験が不足しているとも捉えることができます。

だからこそ、相手とすれ違ったりぶつかったりすることも多いですが、そのことにうまく対処する術もまだ身についていないことが多いでしょう。

その結果のひとつとして、元彼との別れという出来事に直面することも。

ですが彼と一旦離れ、新たな出会いや経験をしていく中で、過去の行いを振り返って反省する。

また、改めて相手の存在がいかに自分にとって大切であったか、やっぱり彼じゃないとダメだ、という気づきも得られるはずです。

一見回り道のように思えても、順当にお付き合いを続けるよりもこうしたプロセスを経る方が、お互いの絆がより強く結ばれ、かけがえのない相手としての認識も強まるのです。

ですから、別れた元彼があなたの運命の相手である可能性は十分にありうるのです。

元彼が運命の人だと確認できるサインはある?

別れた元彼が運命の人なのか否か、診断する方法があれば知りたいですよね。

ここからは、元彼が運命の人だった場合に見られるサインを紹介していきます。

当てはまる項目が多いほど、彼が運命の人である可能性が高いと言えるので、ぜひ参考にしながら判断してみてくださいね。

別れを感じさせないほど繋がっている感覚

何年会っていなくても、家族や友人など、縁が絶たれたと思わない相手に心当たりがあるのではないでしょうか。

運命の人も同じように、肉体的には離れて過ごしていても、心や魂で繋がっているものです。

だからこそ、連絡を取れなくても不安にならないし、悲しみもそこまで深いものにはなりません。失ってしまったんだ、という感覚がそもそも希薄な場合も多いのです。

それは、彼との間にいつでも繋がりがあると、心のどこかで確信しているからでしょう。

根拠はなくても復縁する自信がある

心や魂でのつながりはまだあると信じられるからこそ、同時に復縁に対しても確信めいたものを持っていることが多いと言われています。

その確信に対して、特に根拠は示せないかもしれません。

ですが、別れてから全く会えていなくても、相手に新しい彼女ができていたとしても、彼のいない未来を想像できない、という感覚を持っていませんか?

そしてその感覚が、思い込もうと意識してのものではなく、あくまで自然に確信が持ててしまっている。

あなたがそんな状態なのだとしたら、その予感は的中する可能性が高いでしょう。

ふとした瞬間に彼のことを思い出す

別れてから時間も経っていて、特に元彼に対して未練を感じているつもりもない。

それでも、ふとした時に彼のことを思い出すことはありませんか?

運命の人というのは魂同士が繋がっている相手であるため、実は潜在意識では常に対話をしています。

ですから、正確には彼のことを思い出しているというより、彼と魂同士で会話しているから、彼のことが脳裏をよぎるのです。

元彼も同じような気持ちを抱いている気がする

運命の人とはお互いの魂が潜在意識下で常に対話している、とお伝えしました。

だからこそ、運命の相手とは以心伝心、テレパシーのようなことが起こりやすいのです。

ですから、あなたが彼と別れた気がせず、復縁できる気がする、という確信めいたものを彼も感じているのではないかと思えてしまうのです。

また、日常の中で、元彼が今どんなことを考えているかわかってしまうこともあります。

運命の人とは久しぶりの再会時にも、なぜか2人の間にあったはずの空白の時を感じないものですが、それはこうしたテレパシーによるやりとりが行われているからかもしれませんね。

元カレの匂いを感じる

元彼の持ち物などご手元にないはずなのに、ふと懐かしいような彼の匂いを感じることはありませんか?

どこか両親に似て、居心地の良さを感じる香りです。

実は運命の人同士というのは、お互いの匂いを感じるケースがあります。

そして、心安らぐ元彼の匂いを感じた時、2人の再会が近いサインでもあると言われています。

元彼が夢に出てくる

別れから時も経ち、未練もないはずなのに、元彼が出てくる夢を見る。

こんなケースも、彼が運命の人である可能性が高いから起こることだと言われています。

少し前に運命の人同士は潜在意識下で会話をしているという話もしましたが、そうした深い繋がりがあるからこそ、夢の中でも頻繁に再会するのです。

特に見た夢の内容がリアルで、同じ夢を何度も見るようであれば、復縁のサインであるとされています。

偶然再会した

運命の相手とは魂レベルで対話し、惹かれあっているからこそ、偶然の再会を果たすケースもめずらしくありません。

特に、復縁してそのまま結婚にまで至ったカップルの場合、偶然の再会を何度も経験する人が多いようです。

こんな時は勘違い?!元彼が運命の人ではないケース

ここまで、当てはまる項目が多いほど元彼が運命の人である可能性が高いと言われる項目を紹介してきました。

しかし、元彼と深い繋がりがあると信じるほど、自分の都合のいいように解釈したいという気持ちが働いてしまい、本当は元彼は運命の人ではないのに見誤ってしまうこともあります。

また、中には運命の人のように見せかけて実はそうではない、偽物も存在します。

そこでここからは、当てはまる項目が多いほど、元彼があなたの運命の人だと決めつけるのは待った方がいい、という項目について紹介していきたいと思います。

元彼と別れたばかりである

最近まで親密なお付き合いをしていた相手に対して、一緒にいるような感覚を覚えたり、頻繁に夢に見る・相手のことを思い出すことは自然なことです。

時間が経ってもなおあなたが上記のような感覚を失わなかったとしたら、相手が運命の人である可能性は高いです。

ですが、彼と別れて間もない頃に相手が運命の人かどうかを判断するのは難しいでしょう。

元彼に対して未練が起こっている

元彼に対して未練が残っていれば、無理矢理にでも復縁の未来を夢見、頻繁に彼のことを思い出したり、その結果夢に彼が出てくるといった自体も引き起こしやすいものです。

運命の相手であれば、無理に彼のことを思わずとも、復縁の確信は感じられるものです。

今一度、自分の気持ちを見つめ直してみてください。

もともと元彼と頻繁に会いやすい

職場や学校が一緒など、もともと元彼と会いやすい環境にいる人は、交際は終わっても離れて過ごす時間がないため、なかなか別れたことを実感しにくいでしょう。

相手の気持ちや行動もある程度わかってしまいますし、元彼のことを忘れる方が難しいものです。

元彼が頻繁に顔を合わせる間柄である場合は、たとえ彼と会わなくなっても運命の人である兆候が見られるかどうか判断するため、意図的に接点を減らす努力も必要かもしれません。

会えないまでも元彼との接点がある

職場や学校が違っても、共通の友人がいたり、なんだかんだと連絡を取り合っていたりと、元彼との間に繋がりが残っているケースもあるでしょう。

このようにズルズルと続いてしまっている関係性でも、やはり元彼が運命の人であったか判断するのは難しいものです。

一度きちんと元彼とは距離を置き、冷静に判断するようにしましょう。

再会した時の感覚の違い

これはある程度の期間元彼と距離を置いた上で再会してみないとわからないのですが、運命の相手であるか否かは再会した際の感覚の違いによって判断することができます。

運命の相手の場合、どんなに別れてから時が経過していても、懐かしさと共に空白期間を感じさせないほど話せるような間柄であるはず。

ですが元彼が運命の人ではなかった場合、会わない間に変わってしまった彼を他人のように感じることでしょう。

あなたが相手に感じていた気持ちは、彼自身に対するものというよりは、2人の間にあった過去と美しかった思い出に対するものだった、といえるのかもしれませんね。

元彼が運命の人なら、再会と復縁は必ず起こるのか

もし元彼が運命の人なのだとしたら、再開して復縁するのが自然な流れなんじゃないか。

ここまで読んできてそんな風に感じた人もいるかもしれません。

ですが、実はこれについては必ずしも水上なその道を辿るわけではないのです。

もう少し詳しく見ていきましょう。

魂に必要な学びと成長がないうちは再会できない

運命の相手同士に別れが訪れる理由の一つは、お互いに成長する必要があるから。

ですから言い換えれば、お互いに必要な成長ができていないうちは再び出会うことはありません。

たとえば元彼だけに執着していたり、2人の別れの原因となった事柄を克服できていない。自分の悪かったところを見直せていなかったり、人として、社会に生きる人として前に進めていない。

こんな風に魂の学びと成長を得られていないうちは、縁が巡ってくるようなことはないのです。

実は運命の相手は複数いる

元彼も確かに運命の人であることに変わりはないかもしれませんが、必ずしもその「運命」が結婚と結びついているとは限りません。

人生100年とも言われていますが、そんな長い人生の中で、私たちは実にさまざまな人たちと出会います。

その中であなたの人生に大きく影響を及ぼす「運命の人」というのは複数存在します。

あなたの人生においてどのような役割を担うか、個別の担当があるのです。

なので、元彼とは確かに数ある縁の中でも特別なものがあったかもしれません。

ただ、それはあくまで恋人となり、その経験からあなた自身が成長するため、という役割を担っていた人、という可能性もあるのです。

再会するのは来世である可能性も

私たちの魂は幾度となく輪廻転生を繰り返しています。

元彼ともすでに前世で出会っているからこそ特別な縁を感じているのかもしれません。そして、あなたが今感じている復縁の予感も、来世での再会を察知しているからこそのものなのかもしれません。

運命の人とは魂レベルで特別な繋がりがあるものですが、再会が今世で果たされるとは限らないのです。

もう一度元彼と出会うために

スピリチュアルの世界において、運命とは自分が引き寄せ、創り上げていくものだと考えられています。

ですから、どんなに確信めいた思いを持っていたとしても、日々をしっかり生き、必要な成長を遂げられない人の元に、彼との縁が巡ってくることはありません。

今回の記事を元に診断してみた結果、きちんと彼との間にある縁を運命のものだと判断できたなら、元彼との復縁に向けてしっかりとプロセスを踏み、アプローチしていきましょう。

運命の相手とは一度別れる?復縁までにかかる期間は?

頭では彼との破局を理解している。

けれど、2人の縁はまだ繋がっているんじゃないか、またお付き合いしてた頃に戻れるんじゃないか、といった想いを抱くことってありますよね。

特に別れてすぐの頃は、未練ゆえの勘違いなのではないかと考えるかもしれません。

ですが、実際に運命の相手とは別れても縁が途切れることなく、いずれ戻ってくるものだと言われています。

というわけで今回は、運命の相手との別れに見られる特徴や、どれくらいの期間が経てば復縁できるものなのか、について紹介していきます。

元彼が自分にとって運命の人なのか知りたい、彼との復縁を叶えたい人はぜひ参考にしてみてくださいね。

運命の相手なら復縁できる?

元彼がもしもあなたにとって運命の人なら、たとえ別れたとしてもまた巡り会えるとされています。

それどころか、運命の相手と一度別れることは必然の出来事であるとさえ言われているのです。

それはなぜなのでしょうか?

別れがもたらす試練を乗り越えるため

恋人同士が別れるということは大なり小なりその人にとって辛い経験となるものです。

そうした試練とも言える別れの経験が2人に訪れるのは、共に乗り越え、より良い関係を築くために運命が定めた出来事だからだと言われています。

だからこそ、元彼のことが頭から離れないのです。

そして時が来れば求め合う2人は再び惹かれ合い、自然と復縁に向けて動き出します。

別れた相手と再び縁を結び、復縁が叶うということは、その未来の中に2人の幸せがあるということだからです。

逆に言えば、運命の相手ではない男性との別れは後ろ髪を引かれるようなこともなく、すんなりと受け入れることができるのかもしれません。

一度1人になることで互いの魂の成長を促すため

良いことも悪いことも、大きなものも小さなものも、人生の中で起きる出来事には何かしらの意味があります。

運命の人との別れには、一度1人になることでしかできない経験得て成長しなければならない、ということを示唆しているとされています。

それは各々の心の余裕かもしれませんし、相手に対する思いやりや愛情なのかもしれませんし、もっと根本的な人間としての成長が必要なのかもしれません。

そのサインとして、別れが訪れたのです。

相手に対する感謝を改めて実感し、持ち続けるため

お付き合いの期間が長くなってくるほど、相手の存在そのもの、相手がしてくれることを、当たり前にあるものと感じるようになってしまうことが多いですよね。

交際が始まった頃はあんなにラブラブだったのに、気持ちが冷めたりお互いの嫌な部分ばかりが目につくようになることもあるでしょう。

そこで別れを経験するとどうでしょうか。

自分のことを好いてくれて、楽しいことも辛いことも、そのどちらでもない他愛のないことも共有できる相手がそばにいることのありがたみを再度実感することができることでしょう。

たとえ相手が運命の人であったとしても、感謝の気持ちを忘れてしまえば彼との関係を続けていくことはできません。

だからこそあなた、そして彼にもその気持ちを思い出させるために、別れという出来事が起きたのです。

運命の相手と迎える別れの特徴とは?

運命の相手とは一度は別れを迎えるものだということ、そしてその経験の意味についてここまで紹介してきました。

次に、運命の人と迎える別れの特徴について見ていきましょう。

ひどい別れ方をしても嫌いになれない男性は運命の人?

別れ際に思い出したくないくらいのひどい喧嘩や揉めかたをして離れたはずの元彼のことをなぜか忘れられない、ということありますよね。

普通なら嫌悪感を抱き、別れて清々したと感じてもおかしくないはずの相手。なのに相手に対して腐れ縁のような気持ちを抱いているのだとしたら、元彼はあなたにとって運命の人かもしれません。

どんなにイヤな思い出があったとしても元彼のことが心底嫌いになれず、むしろ彼の存在を冷静に感じられる。

それほど特別な存在である彼もあなたに対して同じ気持ちを抱いてくれているなら、自然と復縁に向けて運命は動き出すはずです。

離れていてもそばにいてくれているように感じる

家族や友人など、常日頃から会っていなくても心や魂が繋がっている。そんな感覚を覚える間柄の人っていますよね。

男性と比べて女性の方が感受性が鋭いとよく言われますが、そのために言葉では言い表しにくい感覚を覚えることがあります。

別れを経て離れて過ごしているはずの彼の名残やぬくもりを思い出したり、彼のことが脳裏に蘇ることはありませんか?

たとえ他の男性と過ごしていたりお付き合いしていても元彼のことを思い出し、どんなふうに過ごしているのか気にかかる。

それだけ彼はそれだけあなたにとって特別な、運命の相手というべき存在なのです。

別れたとしても不安・焦燥感を感じない

どのような形で別れたのだとしても、少なくとも一度は愛し合った相手と離れることは寂しく辛いものです。

相手に対して情もありますし、執着や未練を感じることも珍しくはありません。

ですが、運命の相手との別れの際は、彼とは今は離れければならない時期なんだと自然と感じられます。

寂しさはあっても不安や焦燥感をあまり感じない、むしろ今は1人を楽しもうかな、と思えることもあるのです。

そう感じる理由は、彼との繋がりを確信しているからこそ、あなたの心が安心しているから。

だからこそ、今の2人が置かれている状況を受け入れ、再び彼と過ごす日々に向けての準備期間なのだと納得して受け入れることができているのです。

お互いに引き合っているからこそ起きる偶然

その人との間に何かしらの縁が結ばれているからこそ、わたしたちは人生の中で様々な人たちと出会います。

ですが、特に約束をしているわけでもなく互いの行動を知りようのない状況にもかかわらず、何度もバッタリ会ったり、すれ違う。

このような偶然が続くなら、元彼との間にある縁は相当特別なものです。

人によってはこうした縁のことを腐れ縁、なんて呼ぶこともあるかもしれませんね。

ですが一見印象の悪い腐れ縁という言葉も、運命によって定められた大切な縁です。

それだけお互いがお互いにとってなくてはならない存在だということの現れでもありますから、流れに身を任せてみるのも手かもしれません。

2人の気持ちが合致した時には、焦って行動するようなこともなく、自然と縁が復活する時が来るでしょう。

元彼が運命の人なら、別れる期間はどれくらい?復縁にかかる時間は?

運命の相手とは一度は別れを経験するもので、時が来れば自然と復縁に向けて動き出すはずだ。

そうは言っても、どれくらいの期間離れて過ごさなければならないのか、復縁にはどれくらいかかるのか気になりますよね。

2人の別れ際の状況などから考えられるパターンをここからは紹介していきたいと思います。

円満に別れた相手とは3ヶ月程度

どんな2人であれ別れを決めたということは、大なり小なり相手に対して思うところがあったということ。

ですから、別れてから間もない頃は、別れの原因となった事柄や抱いた気持ちが解消されることは稀と言えます。

とはいえ、円満に別れたケースではお互いに対して強い負の感情・印象を抱いていることも少ないもの。

なので3ヶ月程度の時間が経てば、お互いに冷静に別れ際の状況を振り返ったり、相手のことを思いやることができるようになるでしょう。

だからこそ、円満に別れた2人なら、最短3ヶ月程度でヨリが戻ることもあり得るのです。

客観的にお互いとの関係を見つめ直すのに、3ヶ月という期間があれば十分だということなのです。

3ヶ月〜半年間は復縁を意識しても成就が難しい

実は女性と男性とでは、別れてからの気持ちの変化が真逆と言ってもいいほど異なることが多いもの。

女性の場合、多くは別れた直後こそ寂しさを感じたとしても、3ヶ月も経てば過去を振り切り、前を向いて歩いていこうという決心がつくようになります。

一方男性の場合は、別れた直後こそ仕方がなかったのだと受け入れることが多いと言われています。そして、時間が経つにつれ徐々に別れた女性に対する未練や後悔が生まれてくるようになるのです。

そのため、別れてから3ヶ月〜半年という期間は、実は1番男女間での気持ちの温度差が生まれやすい時期なのです。

そしてその温度差ゆえに、タイミングが合いにくいといったことも起こってしまいます。

ですが、3ヶ月〜半年くらい期間が経つと、お互いに相手に対して特別な感情を抱いていれば、本当に別れるしかなかったのだろうかと冷静に考えて、復縁を意識し始めることも。

その復縁に傾いた気持ちが抑えきれないほど大きくなれば、復縁に向かって実際に行動を起こすこともあるでしょう。

半年以上経っていても復縁できたら運命の相手

運命の人と一度別れてしまった時、再び出会うためにかかる期間は当然ですがカップルごとに異なります。

しかしひとつ言えるのは、時間と共に人の感情は変化していくということ。

もう2度と顔を見たくないほどのひどい喧嘩別れでも、思い出すだけで身震いするほどの嫌悪感を覚えていたとしても。

半年も時間があればその間に前を向き、相手のいない生活に慣れてくる中で、そうした激情も徐々に薄れていくものです。

気持ちが落ち着き、冷静になって来た頃には、自分自身にとって本当に大切なものは何なのかということも見えてくるはず。

そうして気づいた自分にとって大切なもの、の中に相手の存在があるのだとしたら、元彼は運命の人なのです。

あなたの中にある、彼を強く求める気持ちに素直になりましょう。そして、今度こそ彼を離さないために動き出しましょう。

まとめ

今回は別れても縁のある運命の相手の特徴と、なぜその相手と別れなければならなかったのか、復縁までにかかる期間などについて紹介して来ました。

あなたにはどれだけ時が経っても頭から離れず、何度も思い出してしまう元彼はいますか?

もしかしたら、彼はあなたにとって運命の人かもしれません。

ですが、仮に元彼が運命の相手だったとしても、離れてしまった期間があまりに長く、相手の現状を知ることも連絡を取ることもできないとしたら、復縁に向けてどう動いたらいいかわからないですよね。

そんな時は、復縁に強い占い師の先生などに相談してみると良いでしょう。

元彼の今の状態やあなたに対する想い、復縁の突破口となるタイミングや行動について、きっと的確なアドバイスをくれるはずです。

あなたが運命の相手と幸せな未来を歩むにあたって、本記事が参考になれば幸いです。

いつまでも元彼を忘れられないのは、スピリチュアル的なつながりがあるから?

もう終わった恋だから、早く忘れなくちゃ。

そう思っていても元彼のことが頭を離れず、いつか復縁したいと考えてしまう人も多いのではないでしょうか。

実はこんなふうに元彼のことを忘れられないのは、元彼とはスピリチュアル的に特別なつながりがあるからなのかもしれません。

今回は普通の人とは違った特別なつながりを持つ元彼のことについて解説していきたいと思います。

忘れられない恋に苦しい思いをしている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

元彼のことを忘れられないのはスピリチュアル的に特別なつながりがあるから?!

元カレのことを忘れられないのは、お付き合いしていた期間の間に抱いた情や未練によるものと考えるかもしれませんが、理由はそれだけではない場合もあります。

実は元彼との間に深いつながりがあるからこそ、潜在意識下でお互いに求め合っている可能性もあるのです。

もう少し具体的にみていきましょう。

前世でも特別な縁のあった相手だから

前世でも特別な縁のあった人、というのは今世でも深く繋がっている相手であるケースはとても多いもの。

恋人や夫婦に限らず、親子だったり友人だったりと、前世の人生において深い関わりを持っていた間柄だった可能性が高いのです。

だからこそ、現世でも不思議とお互いに惹かれ合い、求め合ってしまうのです。

2人の魂が似通っているから

輪廻転生を繰り返していく中で、たとえばソウルメイトなど、あなたと協力しあったり共に魂の成長を成し遂げて来た相手は、スピリチュアル的に特別なつながりを持った相手と言えます。

特に相互の魂の成長に関して作用し合う仲の魂同士は似通っていることが多く、現世でもお互いの魂の成熟のために自然と惹かれ合い、引き寄せられるのです。

だからこそ、一度出会うと相手のことをなかなか忘れられないのです。

しかしここまで聞くと、そんな相手となぜ一度別れなければならなかったのか不思議に思いますよね。

これに関しては、まだお互いの魂にとって適切なタイミングではない時期に出会ってしまったから、というのが答えです。

いくら深いつながりがある相手でも、人が違えばそれぞれに魂レベルで抱えている課題や成長速度があります。

だからこそ、2人が本来出会うはずの時期に達しているべき魂のレベルに至れていないと、せっかく出会ってもうまくいかないということが起こりうるのです。

ですから、一度別れてしまったとしても、あなたと彼の魂の成長が十分に成されれば、また適切なタイミングで再会できるはずなのです。

元彼とのスピリチュアル的に繋がっているとことがわかる方法とは?

忘れられない元彼とのもしスピリチュアル的な意味で深く繋がっている間柄なのだとしたら、そのことを察知する方法はあるのでしょうか?

何年経っても元彼のことが頭から離れない

いくら大好きで大切に想っていた相手でも、別れて会わない期間が続くと、徐々にそうした感情も薄れてくるものです。

しかし、何年経っても元彼のことが頭から離れず、脳裏に浮かんでしまう状態なら、もしかしたらその彼との間にはスピリチュアル的に深いつながりがあるのかもしれません。

特に、彼の顔や立ち姿だけではなく、声や仕草、匂いまで詳細に思い出せるのだとしたら、2人の繋がりはかなり強固なものだと言えるでしょう。

元彼と繋がっていることを感じる

特に前世で深く関わり合った魂同士は、たとえ今は物理的に距離が離れていても、不思議とお互いの間に絆などの繋がりを感じるものです。

特に、自分ひとりで過ごしているはずの部屋で元彼の気配を感じたり、手を握られたような感触がしたりする場合、2人の間の繋がりはかなり強いものだと言えるでしょう。

偶然のような出来事が何度も続く

魂のレベルで惹かれ合う間柄の2人は、偶然のようなシチュエーションが何度も続く、といった不思議な経験をよくします。

「不思議な経験の現れ方」は人によって様々。

元彼と何度も偶然出会うといった直接的なシチュエーションが起こることもあれば、元彼の名前や彼が好んでいたり2人にとって思い出となっている音楽を耳にしたりと、彼のことを思い出させるような間接的偶然が続くケースもあります。

しかし、こうした偶然が何度も続く中でモヤモヤしたり嫌な気持ちを覚えるようなら、まだ元彼と再会すべき時期ではないようです。

復縁に向けて動き出すのもまだ早いでしょう。

スピリチュアル的に深く繋がっている元彼と復縁するにはどうしたらいい?

もし元彼とスピリチュアル的に深いつながりががあるのだとしたら、どのように行動すると復縁の確率が上がるのでしょうか?

詳しく紹介していきますので復縁を願っている人はぜひ参考にしてみてください。

元彼のことが脳裏に浮かんだ時はあえて彼のことを考える

元彼のことが脳裏に浮かんだ時、忘れなければという心理が働くかと思いますが、ここであえて彼のことをよく思い出してみましょう。

元彼と交わした会話や楽しかった出来事など彼自身のことはもちろん、思い出の場所や彼が好きだったものなどを振り返ってみてください。

元彼のことを考えることで、2人の縁はさらに強固なものとなるはずです。

元彼との思い出を振り返る

脳裏に浮かんだ時だけではなく、定期的に元彼との思い出を振り返るのもオススメです。

昔の写真を見返したり、交わしたLINEでのやり取りを読み直してみましょう。

2人の間を繋いでいる細い糸が、元彼のことを意識することで太く強いものへと変わっていくのです。

忘れられないことを悩むよりも、もう一度彼と過ごした日々を思い出すことで、一歩踏み出すことができるようになるのです。

元彼は運命の人なのだと心から信じる

たとえスピリチュアル的に深いつながりのある相手だとしても、あなたの中にそれを疑う気持ちがあると、そのつながりが弱まってしまいます。

元彼との縁を深め、お付き合いしていた頃のように今よりも距離を縮めるためにも、彼を運命の人だと心から信じましょう。

自分磨きに徹する

元彼がいないと生きていけないと思うほど追い詰められたり彼に対する依存心を強めてしまうと、どうしても心の中に巣食うネガティブな感情があなたのオーラにも反映されてしまいます。

そしてこうしたネガティブなオーラは元彼だけではなく、さまざまな人との良き縁を遠ざけてしまう原因ともなるもの。

元彼のことを無理に忘れる必要はありませんが、彼と良い関係性を再度築くためにも、まずは自分磨きに徹し、自信をつけましょう。

新しい趣味や交友関係を通じて、これまでとは環境を変えるというのもオススメの手です。

占いの先生に相談してみる

元彼が今何を思い、あなたのことをどんな風に考えているのか、別れて距離ができてしまっている今は交際中以上にわからないものです。

だからこそ、数々の人の悩みを解決して来たプロでもある占い師の先生などに相談してみるのもひとつの手。

彼が本当に運命の人であるのか、いつどのように行動すれば復縁に繋げることができるのか、的確なアドバイスをくれるはずです。

占いの館など、直接先生を訪ねることが難しい場合は、電話占いを活用するのもオススメです。

元彼との復縁を示す前兆はあるの?

復縁が叶おうとしている時、その前兆となるような出来事に遭遇する人もいます。

スピリチュアル的な観点から見て、復縁の前兆にはどんなものがあるのでしょうか。

心当たりがないかどうか確認できるようにまとめてみましたので参考にしてみてくださいね。

大切な物が壊れる

良い出来事が起こる前に、その前兆として悪い出来事が起こるということはスピリチュアルの世界ではよく言われていることです。

たとえば大切な物が壊れてしまったり体調を崩してしまったりなど一見嫌な出来事は、この後良い出来事が起こる、復縁を示唆する前兆なのです。

特に元彼との思い出の品が壊れた場合、これまでの彼との関係性の崩壊と、新たな関係性の構築が起ころうとしている、というメッセージなのだと捉えることができます。

ゾロ目・エンジェルナンバーを頻繁に目にする

偶然目にする数字の中には、天使や神からのメッセージ、いわゆるエンジェルナンバーと呼ばれるものが含まれています。

こうした数字はゾロ目であることが多いのですが、たとえば111は願望成就、555は変化の予兆、777は幸運を表す数字など、それぞれ意味を持っています。

こうした数字を頻繁に目にするようであれば、元彼との復縁の確率が高まっていると言えるでしょう。

偶然の一致・シンクロ現象が起こる

復縁の前兆として、元彼との偶然の一致、いわゆるシンクロ現象が起こることがあります。

何気なく訪れた場所で元彼とすれ違ったりばったり出会ったりなど、彼と思考や行動の一致が見られるようになるのです。

これは魂レベルでつながっている2人だからこそ起こる現象。

そして、復縁を願うあなたの強い思いが無意識に現実世界に影響を及ぼしているからこそ引き起こされる現象でもあるのです。

まとめ

元彼のことをいつまでも忘れられないのは、もしかしたらスピリチュアル的に深いつながりがある相手だからなのかもしれません。

本当に前世から深いつながりがある2人なら、きっと復縁という未来を引き寄せられるはずです。

元彼と再び結ばれる未来を心待ちにしながら、彼との思い出を振り返ったり、自分磨きなどの前向きな行動を取り入れるようにしましょう。

あなたが元彼とより良い関係を結べるよう願っています。