元カレは運命の人じゃない?!勘違いしてしまいがちな理由

元彼と別れたことを後悔し、いつまでも彼のことを忘れられない、という経験をしたことがある、またはしている最中だという人は決して少なくないでしょう。

まだこんなに好きだということは、元彼は運命の人だったんじゃないかとも思えてきますよね。

しかし、実は元彼が運命の人ではないケースというのも多いもの。

その理由について、今回の記事では紹介していきたいと思います。

元彼が運命の人ではないケースが多い理由

さっそくですが、本当は元彼は運命の人ではないのに、運命の相手なのではないかと勘違いしてしまいやすい理由について見ていきましょう。

今置かれている辛い状況から現実逃避しているだけ

元彼と別れたことで辛く寂しい気持ちを抱え、後悔している。別の人と付き合い始めたけれどなんだかしっくり来ず、元彼の方が良かったと感じている。

このように、今辛い状況に置かれている結果、元彼との日々という楽しかった思い出へと現実逃避をしてしまうことは往々にしてあることです。

もしも元彼が運命の相手であったとしたら、なぜ彼との別れを選んだのか、もう一度よく考えてみましょう。


思い出を美化している

人は生まれてから死ぬまでのすべての記憶を持っていることはできません。だからこそ、都合の悪いことを忘れてしまうことも少なくないのです。

今あなたは、元彼をいつまでも忘れられず、あんなにいい人にはきっともう出会えない、と感じているかもしれませんね。

しかしそれはあなたの記憶から元彼の嫌な部分や2人の間に起きた辛い出来事などが削ぎ落とされ、美しい思い出だけが残っているからなのかもしれません。

頭の中で本来の元彼とかけ離れた、あなたにとって都合のいい、元彼の顔をした理想の男性を作り上げていませんか?

そんなことはない、と本人は思っていても、周りの友人たちに改めて聞いてみると、あなたが別れを選んだ本来の元彼の姿を思い出せるかもしれませんよ。

選択しなかった方の可能性に対して未練があるから

人生とは常に取捨選択の連続です。

恋人と別れるか否か、別れるとしたら違う人と付き合うか。それも選択という行為ですよね。

そして、複数の選択肢があったとしても、人は大体ひとつしか選ぶことができません。

だからこそ、選ばなかった方の選択肢をもし取っていたらどうなっただろうかと、未練と共に考えてしまうのです。

今回の場合は、もし元彼と別れなかったら。あのままお付き合いしていれば今頃結婚していたかも。そんな風に考えを巡らせていることでしょう。

しかし、別れを選んだということは、付き合い続けていたらダメになるとどこかで考えたからではないでしょうか?喧嘩が絶えず、修羅場を迎えていたかもしれませんよ。

元彼が運命の人だったのかもしれないと感じるのは、あなたが背を向けた「付き合い続ける」という選択肢に対する未練である可能性も高いのです。

別れることが運命だった

人は生きていく中でさまざまな人と出会います。そして、その相手とどのように関係を結び、恋愛に限らず付き合っていく中でどんな学びを得るのか、ということはあらかじめ運命によって定められています。

実は「運命の人」というのは必ずしも1人だけと決まっているわけではありません。

結婚まで辿り着く相手もいれば、あなたに恋愛の良い面も悪い面も経験させるべく、別れることを前提に惹き合う縁もまた、運命の相手といえるのです。

また運命の人とは、たとえ一生を共にする縁が2人の間にあったとしても、ひとりにならないと培えない経験を得るために一度は別々の道をいく、ということも起こります。

その場合、離れた期間がどんなに長くても、あなたにとって必要な学びを得られ、人として成長した時に、再び彼と出会って復縁はずです。

音信不通状態の元彼でも、運命ならばまた出会えるはずだと気楽に構え、自分磨きに徹すると良いでしょう。

まとめ

漫画やドラマの世界と違い、運命の人というのはそうそう都合よく現れるものではありません。

うまくいかない部分があったからこそ別れたはずの元彼に運命を見出そうとするのは、辛い現実から逃げたいからではありませんか?

そのために、あなたの中に、元彼の顔をした理想通りの男性という美化された思い出を作り上げてしまっていませんか?

そうではない、と断言できる人は、改めて元彼が運命の人か否か診断してみましょう。

どうすればチェックできるかは以下の記事に詳しく書かれていますので、ぜひ参考にしてみてください。

別れた元彼は運命の人なのか | 7つの特徴で診断【忘れられない人へ】

本当に元彼が一生を共にする運命の人なら、きっとまた再会できるはずです。

そして、元彼が運命の人ではなかったのだとしたら、次こそは本物の相手に出会えるかもしれません。

そんな明るい未来のためにも、ぜひ前を向いて歩き始めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。